債権回収と弁護士を雇う費用について

報酬の違い

Permalink

債権回収のときに必要な費用は、個人でできる分にはある程度抑えられますが、債務者が支払いに応じてくれないときなどは、弁護士のサポートがどうしても必要になります。回収がより確実に行える半面、弁護士を雇うための費用が新たに必要となるので、可能な限り費用を抑えられるように、弁護士の選択は慎重に行うようにしましょう。多くの法律事務所では成功報酬型を採用していますが、成功報酬型を利用して費用を抑えることはできるのでしょうか。

成功報酬型の法律事務所は、成功時の費用よりも、失敗したときの費用を抑えるのに役立ってくれます。成功報酬型は、依頼した債権の回収が成功したときに、その一部を報酬として受け取るシステムなので、債権回収ができないときは成功報酬の支払いはゼロとなります。その分失敗したときの損失は減りますが、成功した際は相談料や着手金など、ほかの要素で費用を抑えられるかどうか調べてみましょう。

弁護士に依頼するとなると、さすがに必要な額も多くなりますが、その分個人ではできない様々な方法で債権回収を行ってくれるので、多少成功報酬が高くついたとしても、それを踏まえてもあまりある利益を得ることができます。成功報酬による負担を考えるよりも、多少費用はかさんでも、最終的に得られる額を増やす方法を考えたほうが、より良い結果を生むことにつながるかもしれません。

費用を減らすには

Permalink

売掛金回収や債権回収など、弁護士のサポートで企業の損失を防ぐことができるケースは数多く存在します。どうせ債権を回収するなら、そのための費用は抑えておきたいところですが、時には訴訟を起こしたり、調停を行ったりと、弁護士のサポートは必要不可欠です。なので弁護士についての費用は必要経費と割り切ってしまったほうが良いでしょう。とはいえ費用もただではないと思う方は、なるべくお得に依頼できる法律事務所を探してみましょう。

弁護士にお得に依頼できるかどうかは、弁護士を雇うのにどれだけの費用がかかるか知ることが肝心です。まず相談料として相談事に5千円ほど支払ったり、書類作成や交渉などの着手金が多くて30万円、さらに成功報酬として、受けとった金額の数%を支払うことになります。すべて支払うとなるとかなりの額になりますが、成功報酬型の場合、失敗したときの報酬は支払う必要が無いため、リスクを減らすためには、成功報酬を採用している法律事務所を探しましょう。

成功報酬を減らすためには倍率についても注目しましょう。成功報酬が受け取れる金額は、法律事務所によって設定が異なるので、成功報酬の支払いを抑えたいときは、はじめから安く対応してくれることがわかっている事務所を探すのをお勧めします。また費用が安い中でも話してみて信頼できる弁護士など、費用以外の面でも惹かれる要素がある弁護士を見つけられると、これから先もお世話になることが多くなるかもしれません。

債権回収と報酬

Permalink

債権回収を行う際は、弁護士を通して交渉をサポートしてもらったり、調査や訴訟など、事態が深刻化したときにも支援してもらえます。とはいえ弁護士の仕事が増えれば、それだけ多くの費用を弁護士にかける必要が出てきたということでもあるので、出来る限り費用を減らすことができるように、弁護士に依頼する段階で、なるべく費用を抑えられそうな法律事務所を探しましょう。当サイトでは債権回収と弁護士費用についての情報を掲載しています。

債権回収にかかる弁護士の費用を抑えるためには、報酬の受け取り方に注目してみましょう。例えば先払いで報酬を支払う場合、後から問題が発生して、債権回収ができなかったときは、報酬だけ受け取ってそれから先は音沙汰なしになることもあります。その点成功報酬型の場合、案件が成功しない限り成功報酬を支払うことはなくなるので、費用を必要以上にかける必要はなくなります。もちろん成功すれば費用は増えるでしょうが、その分得られる額は大きなものとなり、負担も軽くなります。

成功報酬型の法律事務所の場合、回収できる金額の何%かを受け取る方式を採用しているところがほとんどです。そのため%が低い弁護士に依頼するほうが安上がりになりそうですが、良く見ると着手金や相談料が高く設定されており、結局ほとんど料金に差が出ないこともあります。そうしたケースも考慮して、法律事務所を探す際は、それぞれが持つ個性を踏まえたうえで、信頼できる法律事務所や弁護士を探しましょう。