報酬の違い

Permalink
Pocket

債権回収のときに必要な費用は、個人でできる分にはある程度抑えられますが、債務者が支払いに応じてくれないときなどは、弁護士のサポートがどうしても必要になります。回収がより確実に行える半面、弁護士を雇うための費用が新たに必要となるので、可能な限り費用を抑えられるように、弁護士の選択は慎重に行うようにしましょう。多くの法律事務所では成功報酬型を採用していますが、成功報酬型を利用して費用を抑えることはできるのでしょうか。

成功報酬型の法律事務所は、成功時の費用よりも、失敗したときの費用を抑えるのに役立ってくれます。成功報酬型は、依頼した債権の回収が成功したときに、その一部を報酬として受け取るシステムなので、債権回収ができないときは成功報酬の支払いはゼロとなります。その分失敗したときの損失は減りますが、成功した際は相談料や着手金など、ほかの要素で費用を抑えられるかどうか調べてみましょう。

弁護士に依頼するとなると、さすがに必要な額も多くなりますが、その分個人ではできない様々な方法で債権回収を行ってくれるので、多少成功報酬が高くついたとしても、それを踏まえてもあまりある利益を得ることができます。成功報酬による負担を考えるよりも、多少費用はかさんでも、最終的に得られる額を増やす方法を考えたほうが、より良い結果を生むことにつながるかもしれません。