債権回収と報酬

Permalink
Pocket

債権回収を行う際は、弁護士を通して交渉をサポートしてもらったり、調査や訴訟など、事態が深刻化したときにも支援してもらえます。とはいえ弁護士の仕事が増えれば、それだけ多くの費用を弁護士にかける必要が出てきたということでもあるので、出来る限り費用を減らすことができるように、弁護士に依頼する段階で、なるべく費用を抑えられそうな法律事務所を探しましょう。当サイトでは債権回収と弁護士費用についての情報を掲載しています。

債権回収にかかる弁護士の費用を抑えるためには、報酬の受け取り方に注目してみましょう。例えば先払いで報酬を支払う場合、後から問題が発生して、債権回収ができなかったときは、報酬だけ受け取ってそれから先は音沙汰なしになることもあります。その点成功報酬型の場合、案件が成功しない限り成功報酬を支払うことはなくなるので、費用を必要以上にかける必要はなくなります。もちろん成功すれば費用は増えるでしょうが、その分得られる額は大きなものとなり、負担も軽くなります。

成功報酬型の法律事務所の場合、回収できる金額の何%かを受け取る方式を採用しているところがほとんどです。そのため%が低い弁護士に依頼するほうが安上がりになりそうですが、良く見ると着手金や相談料が高く設定されており、結局ほとんど料金に差が出ないこともあります。そうしたケースも考慮して、法律事務所を探す際は、それぞれが持つ個性を踏まえたうえで、信頼できる法律事務所や弁護士を探しましょう。